ヘンリー王子&メーガン妃の長男の名を冠した大麻を彼女の甥が生産している

ニュース

イギリス王室サセックス公爵ヘンリー王子の妻であるメーガン妃。そんなメーガン妃の甥である大麻農家のタイラー・ドゥーリー氏が、「Archie Sparkie」という大麻の新たな銘柄を育てました。

Archie Sparkie

この投稿をInstagramで見る

The Duke and Duchess of Sussexさん(@sussexroyal)がシェアした投稿

タイラー氏の新たな大麻「Archie Sparkie」は、ヘンリー王子とメーガン妃の長男である「アーチー」の名前にちなんでいます

いくら親戚とはいえ、イギリス王室のロイヤルベビーの名前を大麻につけてしまって怒られないのか心配です。

タイラー氏の大麻ビジネス

この投稿をInstagramで見る

Tyler Dooleyさん(@tylerscottdooley)がシェアした投稿

タイラー氏は2015年からアメリカで大麻ビジネスを成功させており、すでに「Markle Sparkle」という銘柄の大麻を生産しています。

タイラー氏は、1,000エーカーもの広大な大麻農地をオレゴンに新たに作り、新しい大麻を育てていると述べています。

メーガン妃は最初の結婚式で大麻を配布していた?

実は、メーガン妃が最初の夫との結婚式の際に大麻を配布していたというニュースがリークされています。

もしかしたら、これからもイギリス王室にちなんだ大麻が作り出されるかも

 

余談ですが、もし仮に日本で大麻が解禁されたとしても、皇族の名前をつけることはできない気がしますね。

タイトルとURLをコピーしました