大麻をドローンで配達するサービスが開始予定

ニュース
Photo by Goh Rhy Yan on Unsplash

アメリカで、大麻をドローンで配達するサービスの実験が行われると発表されました。

日本では所持しているだけで逮捕されてしまう大麻ですが、アメリカではそれが空を飛び交うようになるかもしれません。

大麻をドローンで配達!

ドライバーが車で荷物を配達する時代から、ドローンを用いて荷物を配達する時代に移行しつつあります。

アメリカのGRNホールディングスはなんと、大麻をドローンで配達するサービスを発表しました。

Cannabis Delivery Drones Could be in Seattle Skies by March

大麻をドローンで配達するとは言っても、個人に直接届けられるわけではなく薬局に配達されます。しかし、大麻が街の上空を飛んで配達されるというのは、大麻が日常に当たり前のものになっていくための大きな一歩のような気がします

GRNホールディングスは、すでにドローンを使用して日用品などを配達するサービスを開始しており、ドローンの操縦は高度な訓練を受けたプロが行うため安全性は問題ないようです。

手始めにドローンによる大麻の配達実験を、2月か3月にシアトルで行うとのこと。

GRNホールディングコーポレーションのCEOであるジャスティンコステロ氏は、12月の記者会見で、「業界全体がこれを採用すると予想している」と述べています。

タイトルとURLをコピーしました