【非犯罪化と合法化の違い】大麻の非犯罪化って何?日本で大麻を非犯罪化すべき理由とは

大麻の基本
Image by Лечение наркомании from Pixabay

大麻についての認識が改められて来ている昨今、大麻を合法化・非犯罪化する国や地域が増えてきています。

そんな中で、「合法化」と「非犯罪化」はなにが違うのかわからないという人もいるのではないでしょうか。

この記事では、大麻の合法化と非犯罪化の違いについて解説しています。

そして、日本でなぜ大麻を合法化・非犯罪化すべきなのかを、刑法の知識を交えながら説明しているので、ぜひ読んでいただけると幸いです。

現在、日本では大麻は違法

Image by Klaus Hausmann from Pixabay

ご存知の通り、現在日本では大麻は違法な薬物として規制されており、研究のために栽培することもできません。

もし日本国内で大麻を所持していた場合、次のような刑罰が科せられます。

第二十四条 大麻を、みだりに、栽培し、本邦若しくは外国に輸入し、又は本邦若しくは外国から輸出した者は、七年以下の懲役に処する。
2 営利の目的で前項の罪を犯した者は、十年以下の懲役に処し、又は情状により十年以下の懲役及び三百万円以下の罰金に処する。
3 前二項の未遂罪は、罰する。
第二十四条の二 大麻を、みだりに、所持し、譲り受け、又は譲り渡した者は、五年以下の懲役に処する。
2 営利の目的で前項の罪を犯した者は、七年以下の懲役に処し、又は情状により七年以下の懲役及び二百万円以下の罰金に処する。
3 前二項の未遂罪は、罰する
ちなみに、飲酒運転の罰則は5年以下の懲役なので、日本の法律上は飲酒運転よりも大麻所持のほうが危険なものであるとみなされているということです

非犯罪化とは?合法化とは何が違う?

大麻の合法化と並んで、「非犯罪化」という言葉を目にしたことはありませんか?

「犯罪じゃないなら合法なんじゃないの?」と思うかもしれませんが、非犯罪化と合法化は同じものではありません。

非犯罪化とは、これまで犯罪として罰則規定を設け処罰していた行為を、処罰しないようにすることを言います。つまり、日本国内で言えば大麻を所持していたとしても5年以下の懲役を課せられることがなくなるということです。

合法化と大きく異なるのは、「大麻を所持していてもまったく問題ないよ!」とはならないということです。

非犯罪化されたとしても、行政罰として罰金が課せられたり、規制されたりすることはあります。ただし、犯罪ではないので、いまの日本のように、大麻所持が見つかったとしても大きな事件になったりすることはなくなります。

刑法は最後の手段であるべきである

Image by succo from Pixabay

犯罪についての規定である刑法の基本的な考え方として、「刑法の謙抑性」というものがあります。

刑法の謙抑性とは、刑法は非常に大きな力を持っているから、なるべく必要最低限に執行されるべきであり、最後の手段でなくてはならないというものです。

つまり、大麻所持に刑法を適用するのであれば、大麻が刑法で処罰しなければいけないほどの危険性を持っている必要があります。そして、仮にそれほどの危険性があったとしてもその処罰は必要最低限のものでなければいけません。

ところが、日本の大麻取締法では刑法の謙抑性はまったく考慮されておらず、飲酒運転よりも重い罰則が規定されています

大麻はアルコールやタバコよりも安全であるという研究結果がいくつも出されているにも関わらず、大麻を非常に危険な薬物であるとして刑事罰を定めています。

刑法の謙抑性という基本的な考え方をしっかりと守るのであれば、大麻は合法化されるべきであり、最低でも非犯罪化されて然るべきです。

日本の大麻取締が如何に過剰なのかというのがわかっていただけたでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました