【大麻の基本】大麻にはどんな成分が含まれている?THCとCBDの違いとは

大麻の基本
Image by Rex Medlen from Pixabay

大麻の効果といえばどのようなものを思い浮かべるでしょうか。ハイになる、リラックスできる、病気に効く、依存性があるなど様々な作用が想像されると思います。

大麻の持つこれらの効果は、主に大麻に含まれる「THC」「CBD」という2つの成分によって引き起こされます。

この記事では、大麻の主要な成分である「THC」「CBD」について解説していきます。

THCの効果

THCの構造

THCは、テトラヒドロカンナビノールの略称です。

主な効果として、

・酩酊効果
・多幸感
・鎮痛作用
・食欲増進
・コーヒー程度の依存性

などが挙げられます。

一般的な大麻の効果である「ハイになる」現象は、THCによるものです

CBDの効果

CBDの構造

CBDは、カンナビジオールの略称です。

主な効果としては

・不安感の減少
・抗てんかん
・鎮痛効果

などが挙げられます。

THCの持つ「ハイになる」効果はCBDにはなく、依存性もありません。

種子や茎から抽出されたCBDに関しては日本でも取り扱うことが可能で、通販などでも販売されています

まとめ:THCとCBDの違い

Image by Rex Medlen from Pixabay

大麻に含まれる主な成分であるTHCとCBDですが、それぞれの効果には大きな違いがあります。

一般的にイメージされる大麻の効果の多くは、THCによるものです。

CBDには依存性もなく、医療効果がある成分として期待されています。また、THCもアルツハイマーの治療に大きく役立つ可能性が示されています

THCはまだ日本では危険な成分として扱われていますが、CBDであれば日本でも使用することができるため、大麻の効果に興味がある人はまずCBDから使用してみるのが良いでしょう

タイトルとURLをコピーしました