CBDが肝臓に悪影響を与える可能性をFDAが指摘

大麻の効果
Photo by Tree of Life Seeds from Pexels

FDA(アメリカ食品医薬品局)は、CBD製品に関して悪影響がある可能性を指摘し、CBD製品の使用を慎重にするように警告しています。

CBDが害を及ぼす可能性がある

FDAは、CBDの及ぼす影響について調査をしており、CBDにはいくつか悪影響があることを警告しました。

・What You Need to Know (And What We’re Working to Find Out) About Products Containing Cannabis or Cannabis-derived Compounds, Including CBD

FDAによると、

・他の薬に影響を及ぼす可能性がある

・鎮静作用を高め、眠気を起こす

・下痢や食欲減退

・刺激性と興奮を高める

・肝障害を引き起こす

などの影響があるようです。

上の4つはある程度知られているものであり、それほど深刻なものではありませんが、肝臓に悪影響があるというのは大きな懸念事項でしょう。

医療機関を受診していれば肝臓の変化に気づくことができますが、そうではないCBD製品を使用している場合には肝臓への影響を検出することができません。

日本ではCBDは禁止されていないため嗜好品として使用している人も多いと思いますが、心配な場合には定期的に検査をしたほうが良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました